2017-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テスト

てすと

↓なにもなし
//CWindow::MessageBox & CWnd::MessageBox
  int MessageBox( LPCTSTR lpszText, LPCTSTR lpszCaption = NULL, UINT nType = MB_OK );

//Win32API
    int MessageBox(HWND hWnd, LPCTSTR lpText, LPCTSTR lpCaption, UINT uType);

//Afx
int AfxMessageBox(LPCTSTR lpszText ,UINT nType =MB_OK,UINT nIDHelp =0); 
int AFXAPIAfxMessageBox(UINT nIDPrompt ,UINT nType =MB_OK,UINT nIDHelp =(UINT)-1);

↑なにもなし


↓テーブル table border="1" width="100%" cellspacing="0" bordercolor="#000000"

//CWindow::MessageBox & CWnd::MessageBox
  int MessageBox( LPCTSTR lpszText, LPCTSTR lpszCaption = NULL, UINT nType = MB_OK );

//Win32API
    int MessageBox(HWND hWnd, LPCTSTR lpText, LPCTSTR lpCaption, UINT uType);

//Afx
int AfxMessageBox(LPCTSTR lpszText ,UINT nType =MB_OK,UINT nIDHelp =0); 
int AFXAPIAfxMessageBox(UINT nIDPrompt ,UINT nType =MB_OK,UINT nIDHelp =(UINT)-1);

↑テーブル


↓引用

//CWindow::MessageBox & CWnd::MessageBox
  int MessageBox( LPCTSTR lpszText, LPCTSTR lpszCaption = NULL, UINT nType = MB_OK );

//Win32API
    int MessageBox(HWND hWnd, LPCTSTR lpText, LPCTSTR lpCaption, UINT uType);

//Afx
int AfxMessageBox(LPCTSTR lpszText ,UINT nType =MB_OK,UINT nIDHelp =0); 
int AFXAPIAfxMessageBox(UINT nIDPrompt ,UINT nType =MB_OK,UINT nIDHelp =(UINT)-1);


↑引用
スポンサーサイト

Windows XP ビジュアルスタイルの使用

 アプリケーションにXPのビジュアルスタイルを使用するための方法を2つ。

①MyApp.exe.manifestを使用する
 ↓のXMLソースをMyApp.exe.manifest(MyApp.exerの部分は作ったアプリケーションの実行ファイル名)って名前で保存して、実行ファイルと同じフォルダに入れておく。
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8" standalone="yes"?>
<assembly xmlns="urn:schemas-microsoft-com:asm.v1" manifestVersion="1.0"
<assemblyIdentity
    version="1.0.0.0"
    processorArchitecture="X86"
    name="CompanyName.ProductName.YourApp"
    type="win32"
/>
<description>アプリケーションの説明</description>
<dependency>
    <dependentAssembly>
        <assemblyIdentity
            type="win32"
            name="Microsoft.Windows.Common-Controls"
            version="6.0.0.0"
            processorArchitecture="X86"
            publicKeyToken="6595b64144ccf1df"
            language="*"
        />
    </dependentAssembly>
</dependency>
</assembly> 

②埋め込む
1.↑のソースをMyApp.exe.manifest(こっちは違うファイル名でも大丈夫かも)に保存。
2.ComCtl32.lib にリンクする。
3.XML 形式を含むソース ツリーに MyApp.exe.manifest を追加する。
(プロジェクト > プロジェクトへ追加 > ファイル でMyApp.exe.manifestを追加)
4.アプリケーションのリソース ファイルにマニフェスト(↓)を追加する。
(MyApp.rcをテキスト形式で開いて一番下に追加すればok)
#define CREATEPROCESS_MANIFEST_RESOURCE_ID 1
#define RT_MANIFEST 24
CREATEPROCESS_MANIFEST_RESOURCE_ID RT_MANIFEST MyApp.exe.manifest

もしくは#defineしないで直接書く。(実はこっちのほうがいいって話も・・・)
1 24 MyApp.exe.manifest 

 ①の方法だといつも実行ファイルと一緒にMyApp.exe.manifestを入れておかないとダメなので配布する時なんかは、イマイチかも。
 ②は一回やるだけで、実行ファイルのみでビジュアルスタイルが適用される。

適用前適用後
ちょっとだけかっこよくなった。

«  | HOME |  »

プロフィール

ku_470

Author:ku_470
HP

FLVP (FLVプレイヤー)
Vector
説明

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。